masure tannerie




masure tannerie(マシュア社、又はマズール社とも言われています)とは
ベルギーのタンナーで1873年創業ですから、今年で147年!
創業当時は、革の靴底用の分厚い革をメインに製造していたようですが
時代の流れとともに変化を遂げながら、現在まで技術の継承を繰り返してきた
由緒あるタンナーです。
皮の鞣しは主にミモザ、ケブラチョ、栗の樹皮を使用し
ゆっくりと時間をかけて鞣し工程を行なっています。
主な革の種類は以下の通り
  • Amanda: satin finish
  • Ascott: glossy finish
  • Colorado: pull-up leather with waxy finish, matte
  • Country: satin pull-up
  • Orlando: glossy pull-up
  • Rugato: glossy finish with contrast wrinkles
  • Saddle: matte finish with waxy feel
  • Softilux: dry fulled

今回は日本では最も有名な「Rugato」を仕入れたのでご紹介します。 原皮はノルウェーとか、スイスとか言われていますが 明らかではありません。 トラ目(首の部分のシワ)がとても美しく これは素材の持ち味を生かした、染料染めのみなせる技。 ツヤ感と透明感が美しいルガトならではの質感です。

ちなみに今回は、名刺入れとマネークリップ財布を作りました。
Masure tannerieのホームページはこちらです。

ベルギーには、他にも魅力的なタンナーがあります。
良い素材揃ってますよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中