【動画】コバ磨き

革の断面を念入りにヤスリがけすることで、永久的に毛羽立ちを抑えます
 

FESN×EVISEN「TSUKI」購入しました

  • 「TSUKI」
  • 森田氏オススメの設定、セットアップ
  • 森田氏クルージングのポイント
  • 「TSUKI」試乗
「TSUKI」
 

 FESN森田貴宏氏デザインによる
 クルーザーデッキ「TSUKI」
独特なシェイプが非常に美しい唯一無二の形
 グラフィックには月から見た地球
 地球から見た月が描かれ
 

 真夜中の空には無数の星
 光り輝く星が
 

 暗闇の中に輝く光=希望を表しているのか
 とても前向きな、森田さんらしいデザインだと感じます。
 

 今回はグラフィックを生かしたものにしたかったので
 クリアデッキテープ にしてみました。
 

 森田氏のこだわりとして
 視界が良くなる目的も含まれていますが
 ノーズ側の地球の下に
 白い星の運河のようにも見える
 スプレーを施していただきました。
 

 また、オプションとして
 木製のレール、テールガードを装着
 

 何度見ても美しい
 素晴らしいデッキです。
 
■サイズ
 

 長さ82.6cm (32,25inch)
 幅20.5cm (8inch)
 ノーズ16.0cm (6inch)
 テール17.1cm  (6,5inch)
 ウィールベース39.7cm (15,75inch)
  コンケーブ 中 / キック 中
 
 森田氏オススメの設定、セットアップ
 
トラック
 森田氏オススメのトラックはインディー109
 幅8インチ表記のデッキなのでインディー129が良いかと思っていましたが
 実際に取り付けてみると、確かにぴったりです。
 TSUKIは直線のカットではなく、曲線なので
 最大幅は8インチくらいかと思いますが
 細いシェイプの部分も含めると
 実際には7インチ幅くらいのデッキに感じます。
 
ライザーパッド
 1/8(3mm)ライザーパッド使用(DIAMOND RISE & SHINE RISER PADS
ウィール
 色々試してみました。
 
●現状で一番乗り心地が良かったウィール
  ズールーウィール ヌメリップ 78A 65mm オレンジ / Zulu Wheels Numerip
 直径 65mm
 幅 51.0mm
 接地面幅 47.0mm
 オフセット(ほぼセンターに近い若干オフセット)
 スクウェアーリップ
 皮剥き済み(ストーングラウンド加工済み)
 硬度 78A
 

●森田氏デザインのストラッシュウィール
  "TAKAHIRO MORITA" MODEL 64mm 85A "EVIL DANCE SPEED STYLE" (BLACK)
 

 安定の格好良さですね
 
●森田氏デザインの「W.P.S.I」
  W.P.S.I HARD CORE SOFT SLIDE WHEELS /65mm 78A BEVELED LIP
 直径 65mm
 幅 50mm
 接地面幅 35mm
 センターセット 
 

 ベベルドリップの良さは側面が大胆にカットされており
 スライディングが圧倒的に入りやすいのが特徴
 スライド時の引っ掛かりがなく
 低速でも「シュー」と気持ちよくスライドできるのでオススメです。
 

 
●森田氏デザインの「W.P.S.I」
 W.P.S.I HARD CORE SOFT SLIDE WHEELS /65mm 78A SQUARE LIP
 直径 65mm
 幅 51mm
 接地面幅 48mm
 オフセット(センター寄り) 
 

 
色々試してみた結果
 W.P.S.I  /65mm 78A SQUARE LIPに決定!
 こちらに使用したベアリングは「W.P.S.I SPEED BEARINGS」
 驚異の滑らかさが圧倒的に良く
 クルージングも無音状態!
 安定感抜群!好みのスクウェアーリップというところも
 どのウィールにも勝って、このウィールに決めました。
 




森田氏クルージングのポイント
 
今回は中野のFESNに伺い
 4時間に渡り、森田氏とお話しさせていただきました
 彼のお話の中から、スケボーに対する熱い想い
 家族やお祖父さんの話、これからのこと…
 とても誠実で前向きな彼の人間性に触れ
 ますますファンになってしまいました。
 

 森田氏の影響を大きく受けている息子(次男)も
 撮影許可をいただいて、知らないうちに撮影していたようで
 彼なりに動画を制作したようです。
 

「TSUKI」試乗
 

いやー、素晴らしい乗り心地!
 ストリートでは小石や、段差、様々な障害が多いため
 安定感のあるセッティングが、自分にとっては最良で
 65mmスクエアーリップのウィールとインディー109
 重くなりがちなクルーザーでも、この設定だとギリギリ範囲内!
 あまりにも快適なので
 しばらくの間は「TSUKI」以外は乗れなくなってしまうかも
 

 
FESN×EVISEN「TSUKI」は、クルーザーの最高峰ではないでしょうか
 

評価 :5/5。
FESN
 https://shop.fareastskatenetwork.com

 

PENNYペニーニッケル(FESNカスタムモデル)でナイトクルーズ

ペニーはクルーザーボードとして
 世界的に有名なスケートボードブランド
 

 一般的なスケートボードと違い
 デッキはプラスティック製で
 パーツ類の交換も可能ですが
 基本的にカスタムしなくても
 十分高性能なスケートボードです。
 

 ペニーについての解説は、様々なところで見受けられるので
 ここでは詳しく触れませんが
 クルーザーボードの楽しみはもちろんクルージング!
 夜のクルージングは格別なものがあります。
 テールライトをトラックにつけ
 ナイトクルージングを楽しみましょう!








  • ペニーとペニーニッケルの違い
  • ペニーの選び方
  • ナイトクルーズを楽しむ
ペニーとペニーニッケルの違い
 

 

 PENNY/22inchペニー
 ペニー22インチの愛称はペニー
 ペニーとは縦の長さ22インチサイズのクルーザーデッキ
 1インチ=2,54cmなので
 ペニーの長さは約56cmとなります。
 

 PENNY nickel/ペニーニッケル
 ペニー27インチの愛称はニッケル
 ニッケルの縦の長さは27インチサイズのクルーザーデッキ
 1インチ=2,54cmなので
 ペニーニッケルの長さは約69cmとなります。
ペニーの選び方
 

 初心者さんであれば27インチ
 経験者でいろんなスケボーを楽しみたい方は22インチ
 をオススメいたします
 

 一般的なスケートボードは30インチほどの長さがあるのと比較すれば
 ペニーは小さいサイズのスケートボードです。
 

 小さいサイズとなれば、足の踏み場も当然小さい
 足の踏み場が小さければ、不安定で転びやすい
 ということは踏まえて考えてください
 

 22インチサイズが日本では人気らしいですが
 22インチは長さ約56cm
 靴2足分ほどのサイズでは
 足の踏み場に困ってしまう大きさです
 

 大きすぎず、小さすぎず
 少し重いですが、安定感のある27インチのニッケルがオススメ
 

 
ナイトクルーズを楽しむ
 

 

 ナイトクルージングで気をつけて欲しいのは
 視界が悪く、小石につまずきやすいので
 安定感のある27インチを選んでいただきたいですね
 

 そして肝心なのがライトです。
 こちらは100円ショップの自転車用テールライトですが
 これを取り付けるだけでテンション上がります!
テールライト効果
 もちろん自分目線での視界が
 良くなる効果もありますが(多少です)
 重要なのは、自分だけ周りが見えていると思っていても
 車からは見えにくいこと
 テールライトは周囲から抜群に視界に入りやすくなるので
 ナイトクルージングの際は、必ず装着することをオススメいたします
 また、交通量の多い道路は
 基本的にはスケートボード禁止となり
 安全に走行可能な場所を見つけて
 静かに楽しみましょう
 

 
ペニーニッケル(FESNカスタムモデル)の詳細


FESN
https://shop.fareastskatenetwork.com/?mode=grp&gid=2066105

革職人20年目を迎えて

アトリエリュテスの高橋です。
 今年ももう終わりですね。
 

 革製品を作り始めて今年で20年を迎え
 好きなことだけやって生きていく
 ということを続けられてきたのも
 皆様のおかげと、心より感謝しております。
 ありがとうございます。
 

 激動の時代が幕を開け
 世界が分断されゆく中
 私たちは大きな波に流されることなく
 自分を保つことを堂々と表現してゆくことが
 必要な気がします。
 

 皆様が健康で、素敵な令和3年(2021年)を過ごされることを
 祈っております。
 

 今年は期間限定の、お得なクーポンを配布いたします。
 メールアドレスのご登録にて
 無料サイト会員になっていただくことで
 メルマガにてお知らせいたします。
 ご興味のある方は、お手数ではございますが
 お手続きいただければ幸いです。
 

 

 期間:【2020年12/31~2021年1/3】まで
 

 

 現在ショップにて販売している製品に限り
 ¥10,000以上のご注文いただいたお客様に
 ¥5,000のクーポンを発行いたします。
 

 ご利用方法はこちら
 

 ・商品をカートに入れる
 ・カートに進む
 ・「クーポンコードを入力」をクリック
 ・クーポンコード(メルマガにてお知らせ)をご入力してください
 ・商品合計金額が割引されます
 

 わからない点等ございましたら
 アトリエリュテスホームページより
 チャット、メール等にてお問い合わせください
 

 それでは
 素敵な令和3年を迎えましょう!
 良いお年を!

雨の日は「PENNY」でクルージング

雨の日ってスケボーできないって思っている人
 多いように思います。
 

 それは間違いです。
 

 雨の日こそスケボー日和
 PENNYの日です!
 

 

 PENNYはデッキがプラスティック製なので
 雨は全く問題ない
 

 ベアリングが錆びる?
 そんなの関係ありません
 おそらく、PENNYはグリースタイプのベアリングのため
 雨の中、長時間乗り回しても大丈夫
 ほとんど錆びません。
 ノーメンテナンスでも、乗り方によりますが
 1年に1~2度くらい交換する程度でOK!
 (個人の感覚です)
 
そして、クルーザーの楽しみといえば
 パワースライド!
 PENNYがあれば、最高の滑りやすい路面状態で
 スライド練習できます。
 
スライドが決まるようになったら
 是非水溜りでスライドして
 スプレー飛ばしてください!!

FIRST/ リシェイプデッキ

スケボーの楽しさって無限で
 使い古したデッキも自分好みの形にカットして
 オリジナルのスケボーが作れるんです。
 

 今回は、リシェイプデッキを製作している
 「FIRST」というブランドのデッキを購入したのでご紹介いたします。
 
 ■デッキ
 ■セットアップ
 ■乗り心地をアップグレードする方法
 ■試乗
 ■評価
 

 
■デッキ
 

 この波打つシェイプ
 かっこよくないですか?
 

 通常のデッキから切り出しているので
 細長い形となりますが
 細長くすることで、板のしなりが生まれ、クッション性が向上。
 ギザギザは、パワースライドを入れやすくするためのもの。
 

 今回は2枚購入
 盆栽絵柄のデッキをセットアップして行きます
 
■セットアップ
 

 トラック
 いつものインディとは違うものを試してみたかったので
 ベアートラック105(デッキ幅6.5~7.3インチ位に対応)を購入。
 8穴ベースプレートで、穴が多く空いているため前後1cm移動可能。ウィールベースを少し調整できます。
 今回は最長のウィールベース(約15インチ)にセット
 また、フルサイズバレルブッシュ(高さ15mmタイプ)が入るので
 乗り心地のカスタム幅が大きいのも特徴。
 

 ウィール
 シアトル発のブランドROAD CREW WHEELS
 これまでいろんなウィールを使ってみた自分なりの好みとして
 60mm~65mmのソフトウィールが一番快適だったのと
 80Dというちょっと硬め?の硬度も気になったので 60mm/80dを購入
 

 

 ベアリングや、ビスは手持ちの物を使用
 

 

 トラック/ベアートラック ポーラーベアー105 / Bear Trucks Polar Bear 105
 ウィール/ROAD CREW WHEELS / CRUISER 80d T/A / 60mm
 
乗り心地をアップグレードする方法
 

 

 トラックの要、ブッシュを交換することで
 乗り心地が大きく変わります。
 今回は、リップタイドブッシュをいろいろ試してみた結果
 安定感が抜群で、少し強めに踏み込むと深くターンできる設定に決定しました。
 詳細は以下の通り
 
ストリートサイド(道路側)ブッシュ
 リップタイドブッシュ クランク ショートストリートコーン / Riptide Krank SSC 87A white(ホワイト) 
 自分的には硬くなく柔らかすぎないちょうど良い硬さに感じます。
 

 

 デッキサイド(デッキ側)ブッシュ
 リップタイドブッシュ クランク ストリートチャビー / Riptide Krank S.Chubby 84A red(レッド)
 シリーズの中でも抜群の安定感。
 

 ピボットカップ
 リップタイド ピボットカップ / RipTide Pivot Cups 96AWFB
 

 ライザーパッド
 ウィールバイト(デッキとウィールの干渉)を防ぐため
 インディー6mmのライザーパッドを仕込みました
 

 
試乗
 

 盆栽デッキ完成!
 ということで早速試乗
一般的なサイズであれば、細めのデッキは長さが短く
 長さのあるデッキは、幅が大きい
 この盆栽デッキはそのどちらでもなく
 細くて長い形状。
 

 これが良い!
 細くても長さがあるので
 足の踏み場の安心感
 

 ブッシュの効果により、安定感が増し、深いターンからの反発が気持ち良い
 ピタッと戻ってくる感じ!
 

 細い幅とギザギザカットにより、足の食いつきが良く、スライドしやすい!
 

 
■評価
 クルーザーとしてはもちろん、トリック用としても十分に機能し
 個性的なデザインと機能美による、素晴らしいスケートボードが完成しました。
 用途により、ウィールを変えれば、さらに様々なシーンで使用できる
 自分が求める最高のデッキに仕上がりました!
 

 

評価 :5/5。
■今回購入したショップ
 

 BULLDOG SKATEBOARD SHOP(FIRSTデッキ)
 https://www.bulldogskateboard.com/items/32243343
 

 FUNWAVES(トラック、ブッシュ等)
 https://www.funwaves.biz/onlineshop/
 

自分好みにカスタマイズ! ファスナーの仕入れ先4選

今年も残りわずかとなりました。
 

 コロナに始まり、コロナで終わる。
 

 一寸先は暗闇しか見えない
 世界が大きく変革する真っ只中
 自分自身を見つめ
 しっかりと自分を保つこと
 周りに左右されない人生を送ることを
 つくづく想う今日この頃
 

 ということで
 あまり仕事に身が入らず
 好きなことしかしたくない、と
 遊んでばかりの昨今ですが
 遊びながらも未来に目を向けて生きております。
 

 今回は久しぶりの投稿となりましたが
 革製品には欠かせない
 

 「ファスナー」
 

 仕入れ先のご紹介です。
 

 ファスナーは低価格のものから
 高級なものまで、様々ありますが
 やはり、せっかく手作りするのならば
 最良のパーツを自分好みにカスタマイズして
 作りたいですよね。
 

 「自分好みにカスタマイズ! ファスナーの仕入れ先4選」
 

 ということでご紹介いたします。
 

 
Kファスナー
 世界のYKKファスナーを
 自分好みにオーダーできる!
 Ykkファスナーのご購入はこちら
 http://www.k-fasuna.server-shared.com
 

 

 

 

 Lulu & Pepe(ルルアンドペペ)
 ririファスナーの代理店(現在、一時販売休止中?)
 https://shop.luluandpepe.com/eshopdo/refer/cid8s0m0.html
 

 

 Buckle guy
 ririファスナーが細かいパーツから購入可能
 アメリカの金物屋ではありますが
 わかりやすいサイトなので安心して仕入れできます
 https://www.buckleguy.com/riri-zippers/
 

 

  朝日ファスナー
 Waldesを代表とするヴィンテージファスナー
 http://www.waldes.co.jp
 

 

 

オリジナル ミニクルーザー25inchコンプリート!

今回は、ずっと欲しかったデッキが手に入ったので
自分なりに想像を膨らまして、オリジナルのクルーザーを組んでみました。

目次

・クルーザーの購入目的

・デッキの詳細

・パーツの詳細

・初めてのステンシル

・乗ってみた感想

・クルーザーの購入目的

elos
Z-FLEX CRUISER JAY ADAMS SHADOW BLACK(29inch)
Elos改造モデルのクルーザー(29inch)
Pennyニッケル(27inch)に続き
今回は”6,5×25inch”のブランクデッキを購入しました。


自分的には流行りのトリックは
あまり興味がなく
移動手段「クルージング」を目的としているので
どこでも持ち歩けて、気軽に乗れることが前提条件です。


コンパクト
軽さ
乗りやすさ
安定感
スピード
この辺の条件を満たすため
あらゆるパーツを組み直して
「完璧なクルーザー」探しを続けています。

・デッキの詳細

今回購入したデッキは、”6,5×25inch”の「REPTILE(レプタイル)」ブランクデッキ
渋谷のarktzさんで購入
サイズ
6.5×25インチ
幅16.5cm, 長さ64.2cm,ノーズ8.6cm, ビス間31.6cm, テール13.0cm 


長さが25inchなので、約63,5cm
Penny22inchよりも、約7,5cm長く
Pennyニッケル27inchよりも、約5cm短い
中間をいくサイズ感


そして、このデッキを選ぶ重要なポイントは
”コンケーブ”があることです。


若干の角度ですが、ノーズ側に弱めのキックがあり
デッキのコントロールが抜群にしやすくなります


・パーツの詳細

トラック
ウィール
ベアリング
デッキテープ
ライザーパット
パワースライダー
トラックは安定のインディー109
シリーズで一番幅の狭いトラックで、6.5inch~7,5inch幅のデッキに対応。


ウィールは以前コンプリートで購入したz-flexの63mm 78A Z-SMOOTH WHEELS
荒い路面でもグングン加速するウィールを探しているのですが
コロナの影響か、在庫がない状態が続いており
今回はこちらを代用。
スペーサーも新たに購入し、仕込みました。
ベアリングはいつもの”二番煎じ”
NSB (Nippon Skate Bearings)!ニッポンスケートベアリング!


驚いたのはz-flexのクルーザーは、雨でも、水たまりでも
ずぶ濡れ、放置、ノーメンテナンスで5ヶ月間乗ってきたのにも関わらず
ベアリングが全く錆びておらず、ビスや、ナットが少し錆びていた程度でした。
デッキテープはjessupのホワイト
純白で綺麗な色調ですね。
ライザーパットは、63mmのウィールを使うので
最初にLUXE Wedge Riser  約6mm - 13mm  (赤) をつけてみましたが
路面からの高さが気になったので
後にLUXE 1/4'' Riser Pads(黒)に変えました。
車高が低くなりましたが、ウィールバイトもなく
安定した乗り心地
パワースライダーは、2012年頃から販売されたようですが
色々と調べた上では
現在、日本では入手できないようで
直接、カリフォルニアのflip skate boardsより取り寄せました。

・初めてのステンシル

今回やりたかったことで大きな楽しみだったのが「ステンシル」です。
定番の黒いデッキテープを貼る度に、組み立てた時のテンションがやや下がってしまう
ことってありませんか?
FESNのデッキのように、カッコいいオリジナルのスケートボードが作りたい!
という思いから、完全なパクリですが
「U.N.C.L.E」UNDER NEW CRUISE LIFE ENGINEER
という架空のブランドを作りました。
作り方


好みのフォントをダウンロード
A4用紙にコピー
厚紙にはり合わせる
カッターでカット
スプレー
乾燥
パソコンで無料のフリーフォントをダウンロードして
好みの文字を一文字ずつコピーします。
*デッキの大きさに合わせ、文字の大きさを縮小~拡大してサイズ調整する


今回はビス間のサイズに合わせ、配置を決めました。


コピーした文字を、厚紙に貼り合わせ
文字の黒い部分をカッターでカットします。


カットした部分は穴が開いた状態になります。


このカットした穴の部分にスプレーを吹きかけますが
スプレーの際は、デッキと穴の間に隙間がないように押し当てながらスプレーすることが大事です。


乾燥は、速乾性のものであれば5~10分くらいで乾くので
すぐに試乗ができました。


・乗ってみた感想

思った通りのデッキに仕上がりました!
若干小ささを感じるものの、小さすぎず
足の置き場も困らない安定感。
ノーズ、テールのキックが抜群の操作性を生み出し
快適な乗り心地。
何と言っても、今回はオリジナルのステンシルを入れたので
満足度が違います。
今後も、気になるデッキがあるので
色々と試しながら、最高のオリジナルクルーザーの完成を夢見て
日々、遊びまくりたいと思います。




現状では、いちばんのお気に入り!

評価 :5/5。

今回購入したショップ

デッキ arktz
https://item.rakuten.co.jp/arktz-tokyo/100000063/


デッキテープ 砂辺
https://skateboardshopsunabe.com/?pid=143347828


トラック、ベアリング、ライザーパッド Funwaves
https://www.funwaves.biz/onlineshop/products/detail.php?product_id=733


パワースライダー
https://flipskateboards.com/collections/gold-cup/products/gold-cup-power-slider

PENNYニッケル(FESNカスタムモデル)買いました

⚪︎  なぜペニーニッケルを選んだか
⚪︎  ペニー試乗~感想
⚪︎  まとめ

⚪︎  なぜペニーニッケルを選んだか

念願のクルーザー
ペニー/ニッケル(ブラックアウト)を手に入れました!


クルージングといえばペニー
初心者といえばペニー


クルージングを楽しむことが目的で始めたスケボーですが
やはり、ペニーの乗り心地を体験しないわけにはいかなかったのです。


国内ではペニー(22inch)が一番人気らしいですが
僕の場合、クルージングで求めるのは
「安定感」
小さいデッキよりも
27inchの程よい大きさが必要でした。
で、
何と言っても、今回も
「FESN」の森田さんに
カスタムしていただきました!
ペニーでは通常貼らない
デッキテープを貼って
FESNのステンシルを入れていただきました。
テールは絶対にまくられない
テールピボットを装着。
テールにビス穴が増えて
見た目も良い感じ
めちゃくちゃかっこ良いペニーになりました。

⚪︎ペニー試乗~感想

良かったこと

・プラスティックボード特有の弾力がある

・安定感がある

・スピードが乗った時の加速の伸び

強く感じたのは
デッキが「しなる」ということ


プッシュ時の軸足の足元が
グッと食い込む感じで
足元に安定感が生まれます。


この安定感から
安心感に変わります。




デッキに弾力があるということは
ポンピングに期待が持てます。


足元をグッと押し込む動作がウッドよりも食いつきが良いというか滑りにくく
あまり足元を意識せずに、思い切り踏み込める安心感があります。


また、平らなウィールのおかげなのか
地面とウィールの接地面も
しっかり食いついている感じで
小回りが利くので、小さいターンもしやすい


逆に、チクタクなどの
地面からウィールを離す動作はしにくいので

・プッシュ
・ポンピング

この2点にのみ
特化した性能の良さを感じました。


悪かったこと

・重い

・とにかく重い

・重すぎる

この重さも、路面を走っているときは
安定感へと変わることに繋がっているのかもしれませんが
とにかく重い。


ピックアップした時に
重くて持てません。
ノーズの先端を縦に持つと、特に重いです。


この原因はトラックの重さによるもの、と言われていますが
elos のアルミの超軽量トラックを愛用している僕にとっては
ペニーの重さは重すぎます。


FESNの森田さんは
超軽量のテンサー トラックがオススメとフェイスブックで紹介していたので
気が向いたら色々カスタムしてみたいと思います。


⚪︎  まとめ

ペニーはクルージングに特化したスケートボードだと思います。
ペニーでトリックができる上級スケーターも多くいますが
初心者にはムリ


スケートボードは
プッシュ
ポンピング
のみで十分楽しめる乗り物です。


それらを全て満たしてくれるペニーは
クルージングに特化した
素晴らしいスケートボードです。

クルーザーとしてはとても魅力的!

評価 :5/5。

penny ニッケルで坂下りしてみた

今回購入したショップは中野駅(東京)から徒歩5分のFESN(エフイーエスエヌ)ラボラトリー
元東京Z-BOYS の森田氏が手がけるクルーザーに特化した唯一無二のショップ


FESN laboratory
https://shop.fareastskatenetwork.com/?mode=grp&gid=2066088