革漉き

革製品を作る際に

「漉き」

という作業があります

漉く=薄くする

薄く漉くことにより
革の重なりによる
厚みの軽減を行います

レザークラフト に
ある程度慣れてくると
この作業は必須となります

厚みを調整しなければ
野暮ったい作品にしかなりません

革の重なる部分には
効果的な漉きが必要です

ではどのようにして革漉きを行うのか…

1...革漉き機を導入する
2...漉き専門店に依頼する
3...革包丁や専用工具で漉く

以上の3つの方法の中からお話ししていきたいと思います

1...
革漉き機については効率的で量産に向いています
プロとなれば1つのパーツだけでも
大量にカットし漉きを行う工程だけでも
1日がかりになったりします
量産目的であれば
革漉き機を導入するべきです
新品~中古まで色々あります
検索してください

2...
漉き専門店に依頼することは
より効率的です
部分的な漉き~ベタ漉き(全体を均一に漉く)まで
1枚当たり数十円で
指示通りに漉いてくれます
ただ、サイトを運営している会社は少ないので
代表的な漉き屋さんだけご紹介いたします


浅原皮漉所
https://kawasuki.jp


伊東金属
https://ssl.itokinzoku.co.jp/kawasuki2.html


伊東さんは何度か依頼しており、お気に入りです
コバ漉きではなく”ベタ漉き”のみ
受け付けております
3....
革包丁や専用工具で漉く
これが一番手軽ですね


革包丁は安くて高品質(青紙1号)な秀次さんがオススメです
漉きには幅広の方が良いかと思います
秀次
https://www.kawazairyo.com/?pid=116379783

工具はパロサントさんに限ります
こちらはフレンチエッジャーです
Palosanto
https://www.kawazairyo.com/?pid=138713496

カッタータイプも使いやすそうですね
スーパースカイバー
https://www.leathercraft.jp/item/3702/
僕の場合はというと
20年もやっていて
コバ漉きに関しては
実は革包丁のみです


慣れれば、意外と早くこなせるので
機械はいらないですね
これが一番安くて効率的なのでオススメです


ただしベタ漉きは均一に仕上げることはできないので
先ほどの伊東金属さんや
大きめサイズの革であれば


墨田革漉工業
http://www.sumidakawasuki.com


にお願いしています




地方在住の方の場合、革漉きは送料だけでもお金がかかりますよね


ベタ漉きに限って言えば
ネットで革を購入する場合
各店舗が、1枚500円程度で
漉きのサービスをやっているかと思いますので
必要な厚みに分割して漉いてもらうのが
一番安上がりだと思います
いかがでしたでしょうか
今回は革漉きについてのお話しでしたが
漉きは刃物の切れ味が大事ですので
いずれにせよ、道具の手入れは必須ですね

包丁の簡単な研ぎ方についても
近いうちに触れてみたいと思います

それでは
最後までお読みくださり
ありがとうございます





国産革専門店「和乃革」 レザークラフト用国産革専門店「和乃革」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中